コラム

 公開日: 2014-04-22  最終更新日: 2016-10-14

新築の落とし穴、『日本人の美徳と家づくりの関係!』 

本日は、20℃まで気温が上昇し暖かくなりそうです。
それにしても先週末は寒かったですね。
夏日から一転して底冷えする天候になり、風邪を引かれた方も多いのではないでしょうか。
我が家の子供も、咳をゴホゴホしており心配です。

寒くなったり暑くなったりの最近の天候ですが、日本の気候は実は「過酷な環境」にあるのです。
一般的には、日本には四季があり、気候も温暖で暮らしやすいと思われていますが、果たして本当にそうでしょうか。

一日の中で10℃以上の温度差があったり、一日の違いで10℃以上の温度差があるのは、かなり過酷な気候環境だと思います。

また、冬寒く、夏暑く(むちゃくちゃ熱い)、その温度差は40℃近くなります。
そして、1年のうち9か月は冷暖房をしないと快適に暮らせないこの環境は、まさに過酷ですよね。
このような過酷な環境下、私たちはどのように暮らしていけばよいのでしょうか。

今ある問題は、日本の住宅が、これら過酷な環境に対応したものになっているかどうかです。
残念ながら、つくり手も、施主側も、ここへの意識があまり高くないように思います。
日本の住宅は、もっとこの「住み心地」のために、エネルギーコストを掛けるべきなのです。

ここにアプローチするには、考え方の転換や、固定観念を取り払う必要があります。

日本人の美徳に、「耐え忍ぶ」や「もったいない」といったものがあります。
暑くても、寒くても、我慢してしまうのです。
快適性を考えたら、一日中冷暖房をした方が良いのですが、心理的抵抗があり我慢してしまいます。

耐え忍ぶということは日本人の素晴らしい美徳だと私も思いますが、これにより快適性は損なわれ、弊害も出ているのも現実です。

猛暑日に、暑くても耐えていると室内でも熱中症にかかる恐れがあります。
寝る時にも、室温を適温にしないと、暑くて睡眠不足になったり、体が不調になりやすくなります。

また、冬であれば、室内間の温度差によってヒートショックが発生してしまいます。
ヒートショックとは、温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動する等によって起こる健康被害で、年間17,000人もの方がこれが原因で亡くなるという統計もあります。
このヒートショックは冬に多いのですが、夏にも少なからず発生するので注意が必要です。

このように、日本人の美徳ゆえに、被害が出ているという悲しい現実があります。
これを転換するには、日本の気候環境は過酷なのだという認識をしっかりと持ち、欧米では当たり前になっている快適に暮らすのが良いことなのだという考え方を受け入れることではないでしょうか。

最後に、固定観念についてですが、この「住み心地」を考える上で多くの方が漠然と考えていることは、「新しい住宅」であれば、「どれもみな快適」だろうといった認識です。
人生で最大の投資である住宅ですから、快適だと思い込むのは、むしろ当然のことです。
ここが、大きな誤解になり、後からこんなはずではなかったということになってしまうのです。

ごく普通につくっていては、住み心地の良い家はできません。
建築基準法にも、また長期優良住宅にも、この住み心地の尺度はなく、基準がありません。
よって、法律通りにつくっても、優良住宅だと認定されても、それが住み心地の良い家になるわけではないのです。
それには、しっかりとした「対策」が必要なのです。

このように、家づくりには、様々な誤解が存在します。
知っている人だけが得をして、知らない人が損をするようなことではいけません。
住み心地は、家づくりにおいて最も大切な要素ですから、しっかりと対策をしていきましょう!

<岡谷ホームズの家づくり>
☆本当の家づくりとは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/concept/
☆光冷暖システムとは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/hikari/index.html
☆本物の自然素材とは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/material/
☆家族の健康を守る『fasabo』とは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/fasabo/
☆OKAYA HOMES
 http://www.okaya-homes.co.jp

この記事を書いたプロ

岡谷ホームズ株式会社 [ホームページ]

川口英治

愛知県名古屋市中区栄2丁目4番18号 [地図]
TEL:0120-17-0846

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

Q1.家づくりのきっかけは?お客様 「気に入った土地を見つけたのですが、出産前だったのですぐには建てずじっくりとプランを考えていました。土地購入から着工まで、...

自然健康素材
イメージ

 天然スイス漆喰カルクウォール。 仕上げ材はもちろん、下地材についても100%天然成分でできており、合成樹脂など化学物質は一切含んでいないので、健康的であるだけ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岡谷ホームズ 代表取締役社長 川口英治さん

自然素材にこだわった健康住宅で、価格以上の価値を提供(1/3)

 「私たちの提案する家は完成した時が100%ではありません。無垢の木や漆喰を使うことにより、年を重ねるごとに重厚感を増し、時代を感じさせない味わいあるアンティークな住まいに。そして、完成することなく、住む人と同じように呼吸し成長し続ける家な...

川口英治プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自然素材による本当の価値ある家づくりへの取組み

会社名 : 岡谷ホームズ株式会社
住所 : 愛知県名古屋市中区栄2丁目4番18号 [地図]
TEL : 0120-17-0846

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-17-0846

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口英治(かわぐちえいじ)

岡谷ホームズ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

アメリカンカントリーのお家

Q1.家づくりのきっかけは? お客様 「気に入った土地を見つ...

Y・O
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
国連も注目する光冷暖!
イメージ

日本の過酷な気候環境になくてはならない冷暖房システムの光冷暖、今や国連も注目しています。去る11月22日、...

[ 光冷暖 ]

号外! 「月刊ザ・フナイに光冷暖登場」
イメージ

本日発売の、月刊ザ・フナイ(2017.1月号)に、ミスター光冷暖こと我らが二枝社長が登場です。特別巻頭座...

[ 光冷暖 ]

注文住宅といえば愛知県! ~愛知の魅力発信~
イメージ

住宅着工が好調のようです。国土交通省が発表した10月の新設住宅着工は、前年同月比13.7%増の87,707戸でした...

[ 家づくり ]

トランプ旋風で住宅ローン金利が上がる?
イメージ

住宅ローン金利がジワジワと上昇しています。本日(11/30)の日経新聞によりますと、みずほ銀行が、12月適用の...

[ 住宅ローン ]

メディア戦略に惑わされないために!
イメージ

大手ハウスメーカーが先見的な取組みをしています。本日(11月29日)の日経新聞朝刊に、住宅関連の記事が2本掲...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ