コラム

 公開日: 2015-07-10  最終更新日: 2016-10-13

幸せな家づくり、『これからの家族のかたち!』 

本日は、7月に入って初めての晴天になりました。
とはいえまだ完全な青空とはいきませんが、気温も30℃近くまで上がり、夏を感じさせてくれています。
週末も天気が良さそうですので、プールがにぎわうかもしれませんね。

さて、最近よく三世帯同居が増えたと聞くようになりました。
しかし、全体を見ればまだまだ少ないのが現状です。
ここを転換期とするには、「家族のかたち」を根本的に変えていかないといけないでしょうね。

皆さんもご存知の通り、戦前から昭和初期にかけては、大家族・同居が当たり前でした。
それが、高度経済成長期を境に、一気に核家族が進行しました。
この理由としては、企業の成長とともに都市化が進んだこと、また国をあげての持家推進政策の影響が大きかったのだと思います。

1986年以降のデータを見てみても、世帯数は約3,700万から約5,000万世帯と1,300万世帯も増加しています。
そして、現在はというと、この核家族で育った世代が住宅取得世代となっています。

この核家族化によりどのようなことが起こっているのかを見てみると、
未婚や晩婚化の増加、そして少子高齢化の急速な進展を引き起こしています。
また、各世代が住宅を購入するという費用負担があるところにデフレが重なり、生活が一段と厳しくなっているのではないでしょうか。

住宅を購入する場合、土地から購入したら3,000~5,000万円、これにローン金利でプラス1,000万円。
かたや同居の場合は、極端に言えば0円。
この5,000万円前後の差は、その後の生活の豊かさや、子供の教育にも間違いなく影響することでしょう。

こんなことを言っても仕方がないと言われるかもしれません。
以前とは環境が変わってしまったし、周りの他の人も同じ境遇だし仕方ないでしょ。
それに、新築が減ってしまったら業者は困るでしょと。

確かに私たちにとって、新築が減るのは死活問題になりかねません。
しかし、この今の環境のまま進んでしまっても、近い将来新築は激減してしまいます。
なぜなら、少子化、非婚化の増加により、世帯数そのものが減少していくからです。

ではどうすれば良いのか?

やはり、解決策は、三世代同居しかないのではないかと考えています。
なぜなら、そのメリットはあらゆる面で計り知れないからです。

まず第一に資金面、例え自身の代で新築した場合でも、次の子の世代、そして孫の世代が助かります。
今の住宅は、維持管理さえしっかりしていれば100年程度なら持つと思います。

他にも、女性の社会進出の解決になり、文化の継承、家族(一族)の結束の強化にもつながります。

確かに、諸問題はあるかと思います。
精神面でのストレスが増えることも考えられます。
どちらの親と一緒に住むのかといったデリケートな問題もあるでしょう。

しかし、これらはそれぞれの家族の形態にあわせて自由であっていいと思います。
戦前のような農業主体の土地に縛られる家族形態ではなくなっていますので、長男が相続するといった観念を払しょくし、長男でも長女でも、また次男でも次女でも、その家族の考えや形態にあわせて自由であるという文化をつくっていくことが必要ではないかと思っています。

継承すべき文化は継承し、時代の変化にあわせて合理的に新たな文化を形成していくことも大切ではないでしょうか。
これからの日本の未来に向けて!



☆建築家と創る家「fasabo Meister」とは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/meister/
☆冷暖房対策の切り札!「光冷暖」とは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/hikari/index.html
☆本物の自然素材とは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/material/
☆家族の健康を守る『fasabo』とは?
 http://www.okaya-homes.co.jp/fasabo/
☆OKAYA HOMES
 http://www.okaya-homes.co.jp



この記事を書いたプロ

岡谷ホームズ株式会社 [ホームページ]

川口英治

愛知県名古屋市中区栄2丁目4番18号 [地図]
TEL:0120-17-0846

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

Q1.家づくりのきっかけは?お客様 「気に入った土地を見つけたのですが、出産前だったのですぐには建てずじっくりとプランを考えていました。土地購入から着工まで、...

自然健康素材
イメージ

 天然スイス漆喰カルクウォール。 仕上げ材はもちろん、下地材についても100%天然成分でできており、合成樹脂など化学物質は一切含んでいないので、健康的であるだけ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岡谷ホームズ 代表取締役社長 川口英治さん

自然素材にこだわった健康住宅で、価格以上の価値を提供(1/3)

 「私たちの提案する家は完成した時が100%ではありません。無垢の木や漆喰を使うことにより、年を重ねるごとに重厚感を増し、時代を感じさせない味わいあるアンティークな住まいに。そして、完成することなく、住む人と同じように呼吸し成長し続ける家な...

川口英治プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自然素材による本当の価値ある家づくりへの取組み

会社名 : 岡谷ホームズ株式会社
住所 : 愛知県名古屋市中区栄2丁目4番18号 [地図]
TEL : 0120-17-0846

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-17-0846

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口英治(かわぐちえいじ)

岡谷ホームズ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

アメリカンカントリーのお家

Q1.家づくりのきっかけは? お客様 「気に入った土地を見つ...

Y・O
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
号外! 「月刊ザ・フナイに光冷暖登場」
イメージ

本日発売の、月刊ザ・フナイ(2017.1月号)に、ミスター光冷暖こと我らが二枝社長が登場です。特別巻頭座...

[ 光冷暖 ]

注文住宅といえば愛知県! ~愛知の魅力発信~
イメージ

住宅着工が好調のようです。国土交通省が発表した10月の新設住宅着工は、前年同月比13.7%増の87,707戸でした...

[ 家づくり ]

トランプ旋風で住宅ローン金利が上がる?
イメージ

住宅ローン金利がジワジワと上昇しています。本日(11/30)の日経新聞によりますと、みずほ銀行が、12月適用の...

[ 住宅ローン ]

メディア戦略に惑わされないために!
イメージ

大手ハウスメーカーが先見的な取組みをしています。本日(11月29日)の日経新聞朝刊に、住宅関連の記事が2本掲...

[ 家づくり ]

住環境で病気を予防する!
イメージ

早くも東京でインフルエンザが流行と、先週報道されていました。毎年のことなので格別驚くこともないのですが...

[ 生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ