>   >   >  Q&A詳細

プロへのQ&A

愛知で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:住宅

戸建てかマンションかで迷っています。

来年、30歳を迎える夫と1歳になる娘と暮らしています。そろそろマイホーム購入を考えているのですが、旦那は戸建てかマンションかで迷っています。どちらにも長所と短所があるとは思いますが、あまり知られていない良さや注意点を教えていただきたいです。

投稿日時:2012-10-12 11:38:25 | 最終回答日時:2012-11-04 17:19:10 | 回答件数:4

住宅

この質問の回答受付は締め切られました。

川口英治

川口英治の回答

戸建とマンションの違いについて

りんごさん

はじめまして。
岡谷ホームズの川口と申します。
ご質問について回答させて頂きます。

戸建かマンションかという選択は皆さんよく悩まれていることと思います。
当然、どちらも長所短所はありますので最終的にはそのご家族の環境や価値観によって判断することになりますが、それぞれの特徴をあげてみますので、ご参考になれば幸いです。

・立地面
 一般的にマンションを選ばれる方の決め手はこの立地にあります。駅に近く便利という交通の利便性を重視される方です。戸建(建売)でも駅近物件はありますがマンションに比べると価格が高くなります。

・地域交流
 よく近所付き合いをしたくないからマンションを選択される方がおられますが、これは正解ではありません。マンションでもコミュニティが作られますし、外出時には顔をあわせることも多々あります。また、子供が小さい方は幼稚園のバス待ち時に玄関前に集まったりしますので、むしろ戸建よりも密接な付き合いになるかもしれません。

・住み心地
 戸建もマンションも高気密高断熱になっていますので、性能面ではあまり変わりません。  (ローコスト住宅や一部の戸建は性能面で劣る場合もあります)
 しかしながら、マンションに使われる部材(素材)は合板床やクロスといった工業化製品(量産型製品)が使われ、私どもがお勧めしている自然素材は使われていません。よって、
吸放湿性がないため、夏蒸し暑くジメジメし、冬は乾燥してしまいます。これは体感しないとなかなか分かりませんが、その違いは歴然です。

・アフターメンテナンス
 マンションの場合は、専有部と共有部にわかれ、共有部は管理会社でメンテします(費用は発生します)。また、修繕計画も作成され、毎月修繕積立金として徴収(積立)されます。その計画と実行は住民による管理組合で行いますが、その役員は定期的にまわってきます。戸建の場合は計画はすべてご自身で行う必要がありますが、建築会社が定期的にメンテを行いますので、心配はありません。(一部の会社は売りっぱなしで、接点がなくなることもありますので、建築会社を選ばれる際はメンテナンスの事もよく確認された方が良いです)

その他まだいろいろと違いはありますが、どの点を一番重視されるかでご判断されるのがよいと思います。ご家族によっておかれている環境や価値観は異なりますので、どちらが良いかということは一概には言えません。
私たちは、「家族の幸せは健康から」をテーマに、自然素材を活用した健康住宅を使命としています。よろしければ、参考にして頂ければ幸いです。
当社HP http://www.okaya-homes.co.jp/

その他、分からない点がございましたら、またお気軽に声をかけて下さい。
乱筆にて失礼いたしました。

2012年10月31日
岡谷ホームズ株式会社 川口英治

 

回答日時:2012-10-31 09:41:34

このプロの回答一覧を見る

川口英治(自然素材にこだわった健康住宅を手がける建築業者)

岡谷サービス&ホームズ株式会社

  • 電話:0120-17-0846 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:水曜(※祝日除く)、年末年始

このプロに問い合わせたい

 

鶴田昌生

鶴田昌生の回答

長所に目を向けた生活

 戸建てとマンション、それぞれに一長一短ありですね。
 簡単に言えば「固有生活」と「共有生活」の違いとでも言うのでしょうか。
戸建ての場合は独立性が高く、隣家との関係は間接的なものになります。
 空間の作り方や住まい方の自由度は高いのですが、維持管理はご近所との関係も含めて自己責任ということになります。
 マンションの場合は区分所有ですので、コンクリート躯体の壁床天井及び玄関ドア、窓サッシといった共有部分があります。その内側が専有部分として自由に使うことができる空間、ということになります。バルコニーも共有部分となるわけです。隣家とは構造躯体を直接に共有するので、生活上のマナーやルールについての気配りが、戸建以上に必要になります。維持管理に関しては、管理会社の良し悪しが生活環境や建物の保全を大きく左右する傾向があります。
 また、マンションの場合は地震対策として免震構造を採用している事例が多数ありますが、戸建ての場合の免震構造は特殊な部類に入ります。
 ところで、このところ気になるのが表札の違いでしょうか。
 戸建ての場合、まず大抵は表札を掲げて苗字や名前を外部に対して明らかにします。氏名で住戸を特定するわけです。
 一方、マンションの場合は集合玄関機や郵便受けに部屋番号しか表示していない例が最近は多くなりました。マンションによっては、住戸の玄関横にも表示していないのがほとんど、という場合もあります。住戸を特定できるのは番号だけですから、その分、匿名性の高い生活を望む方にとっては良いのかもしれません。ただし、小さいお子さんがいらっしゃると、どこかに表示していることが多いように思います。
 なにはともあれ、「住めば都」と言いますから、長所の方に目を向ける生活が良いのかもしれません。

回答日時:2012-10-31 17:15:37

このプロの回答一覧を見る

鶴田昌生(夢の家づくりを実現する一級建築士)

クレイン建築設計

  • 電話:052-913-5755 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:30~18:30
  • 定休日:日曜日、第2/第4土曜日

このプロに問い合わせたい

 

山田昌昭

山田昌昭の回答

戸建とマンションについての回答

初めまして。
株式会社友建の山田 昌昭と申します。

マイベストプロよりのお問い合わせ、ありがとうございました。
長々となってしまったので、思っていた内容と違う時はすみません。

戸建とマンションについてですが、
私達の周りの方々が購入された最終的な理由として多かったのは、

マンションの場合
・周りの目が有り、治安上良い。
・立地条件(駅が近い、会社に近い)が良い。
・高層階に住みたい。
・間取りや内装等にこだわりは無く、モデルルームで気に入り決めた方

戸建の場合
・周囲の目が気にならない。
・子供が騒いでも迷惑にならない。
・車が所持しやすい。
・ローンの後に土地が残る。
・間取りや内装、新築なら外部まで自分の好きな様に建てる事が出来る。

マンションの場合は電車などの交通機関が主で、普段から家族の外出が多い方が選ばれ、
戸建の場合は、車が主で子供さんが小さい時に選ばれる方が多いと思います。
将来的に、子供が大きくなり自立すると戸建ほどはいらないという方がマンション。
将来的にも子供が自立した後に、帰省する場所をと考えられる方が戸建という方も多いです。

では、実質的なお金の話ですが、
マンションの場合
・購入金額のローンの他に、共益費や管理費、修繕積立金等の費用が発生する。
・土地代を含まない為、戸建よりは低額な購入になるが、割高感はある。
・共有部は積立金で修繕する為、住まいの分の修繕費だけで済む。

戸建の場合は
・ローンは購入金額で済むが、修繕費等は全て自費になる事。
・土地代を含む為、土地からの購入となると高額になる。
・固定資産税がマンションより高くなる。(土地・建物の分となる)

共通の内容として購入には、購入費の他に不動産屋さんに支払う手数料、登記費用、保証料、といった諸費用等は購入金額の10%程必要になります。
また、照明やエアコンなどの器具費、カーテンやインテリアや家具等も予算に含めて考える必要があります。

 私事ですが、私は中古戸建(築37年)を購入してリフォームし、最近住み始めたばかりです。戸建が良く、土地の広さも欲しく、利便が良い場所に住みたかった結果そうなりました。新築を好き放題建てるにはコスト面がかかり過ぎるので、中古を好き放題リフォームして住み始めました。
 宜しければ、ホームページやコラムにも記載しているのでご覧ください。
  ホームページ http://yuken-daiku.net/
  コラム http://mbp-aichi.com/yuken-daiku/column/23/

 不動産は縁だと思います。良い縁があり、ご家族の方が楽しく住める家が見つかると良いですね。
 私達は大工の会社として家造りに携わっている会社です。何かお手伝い出来る事がありましたら、是非お声をお掛け下さい。

それでは、長くなり申し訳ありません。失礼致します。

株式会社 友建
代表取締役 山田昌昭
http://yuken-daiku.net/
yamada-masaaki@builder-yu-ken.co.jp

回答日時:2012-11-01 09:28:41

このプロの回答一覧を見る

山田昌昭(注文住宅の新築から大規模リフォームまで手がける大工職人)

株式会社友建

  • 電話:0568-65-9401 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:平日水曜日、第2・台4日曜日、定休日でもご予約頂ければご相談可能です

このプロに問い合わせたい

 

鈴木敏広

鈴木敏広の回答

住宅設備について

あまり知られていないことということなので、住宅設備について書きます。

最新の設備を備えていることは考慮すべきではありません。その理由は、設備は進歩するからです。15年ほど前に私が新築した住宅に「テレビドアホン」をつけました。当時、白黒画面で7万円ほどしました。今はカラーで2万円ほどで売っています。普及する設備は、当然、価格も安くなりかつ性能も上がります。現在最新の設備は明日の中古になります。

そう考えると、マンションを買った場合、数年後かに新しい設備が発売されても簡単に使えません。戸建ての方が有利です。ただし、マンションに設備配管のスペースを人が入れるだけ作ってあり、新しい設備も簡単に入れられるようになっていれば話は別です。しかし、多くの場合そんな余裕はないのが実情と思います。

住まいは、何十年と使うものです。使う年数を考えることが重要です。「設備のリフォームが簡単にできるか」についても考えた方がいいと思います。

回答日時:2012-11-04 17:19:10

このプロの回答一覧を見る

鈴木敏広(長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士)

まちの大工さん 鈴木工務店

  • 電話:0532-32-4265 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:平日8:00~18:00
  • 定休日:日曜(休日にも対応)

このプロに問い合わせたい

 

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
家事
グルメ・料理
防災・防犯
ブライダル
葬祭
オーダーメイド・贈り物
ビジネス
会計税務
法務・人事・労務
会社設立・起業支援
事業再生・承継
各種コンサルティング
ビジネススキル・キャリアアップ
転職
法律
民事
家事
刑事
書類作成・申請代行
趣味・ライフスタイル
旅行・アウトドア
クルマ・バイク
スポーツ
ペット
リサイクル
住宅
建築・設計
設備・リフォーム
不動産
インテリア・内装
エクステリア・外装
稽古事・資格
資格
マナー
習い事
ファッション・美容
コスメ・美容
ファッション
リラクゼーション
フィットネス
出産・子育て
出産・乳幼児
受験・進学
マネー
保険・年金
投資・運用
家計・ライフプラン・ローン
税金・相続
医療・健康
歯科医療系
各種医療系
介護・福祉
マッサージ・各種療法
メンタル・カウンセリング
家族・夫婦関係
こども、学校生活
ビジネス・職場
シニア
その他
その他
ページの先頭へ