谷口庄一

たにぐちしょういち

リージョナルブレインズ

[ 一宮市 ]

コラム

 公開日: 2015-02-21 

“伝統的食文化”における共有地の悲劇



長野県の南信地域と呼ばれる飯田市と下伊那郡には写真のようなお漬物が親しまれています。

普通の野沢菜じゃないの?って思うかも知れませんが、これは源助蕪菜(げんすけかぶな)でつくられたお漬物です。
源助というと加賀野菜の「源助だいこん」が有名だと思いますが、この源助蕪菜も源助だいこんと同じ愛知県の井上源助さんからももたらされた野菜の一つなのだそうです。

お漬物にしてしまうと野沢菜とあまり変わらないように見えますが、野沢菜は茎の部分を主に食べるのに対して源助蕪菜は葉っぱの部分がメインとなっています。

野沢菜よりよりは甘みが強いと言われています。実際食べてみると野沢菜のシャキシャキ感を楽しむのに対して源助蕪菜は味わいがプラスされている感じです。

この源助蕪菜は野沢菜よりも単位収量が上がらないという事で、あまり市場に出回ることはなく地域の食卓で長く愛されている食材となっています。

南信地域だけに限った事ではありませんが、地方には地方でしか収穫できず地方の方々が日常に親しんでいる食材が溢れています。ビジネスの視点から見ればそれらを東京近郊の巨大マーケットを対象にして売り上げを増やすという事が正しいのかも知れませんが、その結果地方の食文化が破壊されるリスクも大きなものになってしまっています。

環境問題を考える際に経済学で用いられる“共有地の悲劇(コモンズの悲劇)”という表現があります。簡単に言うと「複数である多数者が利用できる共有資源が乱獲されることによって資源の枯渇を招いてしまう」というものなのですが、特定地域で伝統的に育んできた食文化は生産量と消費量が均衡していることによって守られています。その一部を他の食文化と物々交換することで新しい文化との触れ合いがあり、そこから新しい文化を生じさせる触媒的な役割を果たすことがあります。

しかし、生産者と消費者が分けられている現在の経済社会の中ではこのような文化の継承と新しい文化の創造が生まれるどころか生産物はただの商品として取り扱われてしまい、結果的に伝統的に育まれてきた食文化が崩壊することになってしまいます。

より多くの方々に源助蕪菜の美味しさを知っていただきたいと思いつつ、飯田・下伊那地域の共有地が“東京”という圧倒的多数者に乱獲されない事を祈りたいと思います。

......................................................................................................................................
◆株式会社リージョナルブレインズ/RegionalBrains,Inc.
   代表取締役 谷口庄一(技術士/脚本家)
   豊橋技術科学大学総合教育院 非常勤講師
   大同大学部建築学科 非常勤講師
   愛知産業大学通信教育部建築学科 非常勤講師
   東海工業専門学校金山校 非常勤講師

★公式サイト★
http://regionalbrains.co.jp/
★公式フェイスブックページ★
http://www.facebook.com/regionalbrains
★緑流生活公式サイト★
http://midori-ryu.org/
★シティリペアネットワーク愛知公式サイト★
http://cityrepairnet-aichi.org/
★アースデイ尾張木曽川実行委員会公式サイト★
http://earthday-ok.org/
★都市環境デザイン会議中部ブロック公式サイト★
http://midori-ryu.org/
..........................................................................................................

この記事を書いたプロ

リージョナルブレインズ [ホームページ]

谷口庄一

愛知県一宮市本町4丁目21番26号 [地図]
TEL:058-628-7270

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
これまでの実績

■2013:平成25年度▼開催日:12月21日(土)【開催場所】 千種公園(名古屋市)【開催概要】 マツボックリでクリスマスツリーをつくろう!▼開催日:2013年11月...

事業紹介

地域活性化の調査

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建物を前に立つ谷口さん

総合的な知見からまちづくりを提案する都市環境プランナー(1/3)

 都市環境プランナーとして自治体やNPO、企業などとタッグを組み、まちづくりに携わるとともに、“地域の知恵”を意識した環境イベントの開催などを手掛けるリージョナルブレインズ代表取締役の谷口庄一さん。「その土地に住む人たちが主体となった、暮ら...

谷口庄一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

“まちづくり”は“ひとづくり”

会社名 : リージョナルブレインズ
住所 : 愛知県一宮市本町4丁目21番26号 [地図]
TEL : 058-628-7270

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-628-7270

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷口庄一(たにぐちしょういち)

リージョナルブレインズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

周年記念の大きなイベントを開催することができました!

これまでは、地元の人たちが中心となって楽しむイベントを行...

K・Y
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
“まちづくり”と“まちおこし”

“まちづくり”と“まちおこし”の表記は似ていますが、内容は少し違います。まちづくりはそこの土地に住む方々がそ...

[ まちづくり ]

日本の人口が減少することのイメージをつくろう

いま,欧州では難民受け入れに関して大きな課題となっています.その中でもドイツは欧州諸国の中では難民の受け入...

[ ひと・まち・しごと創生 ]

「まちおこし」における“パクリ”と“カスタマイズ”

「まちおこし」は作品ではないので“パクリ”と表現するのは本来は違うと思いますが、昨今の「まちおこし」イベント...

[ まちおこし ]

人口減少対策の落とし穴

人口減少が指摘されている中で、全国の各自治体では出生数を増やそうとさまざまな支援策が考えられています。一般...

[ ひと・まち・しごと創生 ]

東京オリンピックロゴデザインと人材育成

若い世代を育てる・・・若い世代を発掘する・・・どの分野でも良く聞くスローガンです.しかし本当にその気...

[ ひとづくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ