谷口庄一

たにぐちしょういち

リージョナルブレインズ

[ 一宮市 ]

コラム

 公開日: 2015-08-30  最終更新日: 2016-12-27

東京オリンピックロゴデザインと人材育成

若い世代を育てる・・・若い世代を発掘する・・・

どの分野でも良く聞くスローガンです.
しかし本当にその気があるのかな?と感じることが多いです..

今回の東京オリンピックエンブレム騒動.
このエンブレムのデザインコンペに応募するためには高いハードルがあり,それなりのデザインに関する受賞経験が求められていました.

ということで,応募資格のある方々はそれなりにデザイナーとして自立されている訳です.
既に仕事で忙しい方々に普段のデザイン料とは考えられないような少ないギャラで仕事をお願いするのは失礼と言うものです.

若い世代を育てる・・・発掘する・・・というのであれば,過去に受賞経験のある方々は応募できない・・・とした方が良かったのではないかと思うのです.

関連コラム

歴史を活用した“まちづくり”の難しさ
気をつけたい“聖地巡礼”と“まちおこし”
まちづくりワークショップ・ファシリテーターと合コン幹事の関係
“まちづくり”と“まちおこし”
意外と知られていない“まちづくり”の意味
まちづくりのプロって何だろう?
まちづくりは想像力

この記事を書いたプロ

リージョナルブレインズ [ホームページ]

谷口庄一

愛知県一宮市本町4丁目21番26号 [地図]
TEL:058-628-7270

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
これまでの実績

稲沢市政策課題研修小牧市政策形成研修新城市地域活動支援員研修奥三河ビジョンフォーラム:ファシリテーションクリニック中京テレビゲストセミナー講師

事業紹介

地域活性化の調査

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建物を前に立つ谷口さん

総合的な知見からまちづくりを提案する都市環境プランナー(1/3)

 都市環境プランナーとして自治体やNPO、企業などとタッグを組み、まちづくりに携わるとともに、“地域の知恵”を意識した環境イベントの開催などを手掛けるリージョナルブレインズ代表取締役の谷口庄一さん。「その土地に住む人たちが主体となった、暮ら...

谷口庄一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

“まちづくり”は“ひとづくり”

会社名 : リージョナルブレインズ
住所 : 愛知県一宮市本町4丁目21番26号 [地図]
TEL : 058-628-7270

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-628-7270

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷口庄一(たにぐちしょういち)

リージョナルブレインズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

周年記念の大きなイベントを開催することができました!

これまでは、地元の人たちが中心となって楽しむイベントを行...

K・Y
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
“まちづくり”と“まちおこし”

“まちづくり”と“まちおこし”の表記は似ていますが、内容は少し違います。まちづくりはそこの土地に住む方々がそ...

[ まちづくり ]

「ふわふわ」したまちづくり会議になってしまう原因とは

「まちづくり会議」や「まちづくりワークショップ」はかなり一般的になってきましたが、「ふわふわ」っと時間が過...

[ ワークショップ ]

まちづくりワークショップはどこまで機能するのか?

全国各地でまちづくりワークショップが一般的になり、市民参画などを規定した住民自治基本条例などが制定されてい...

[ “まちづくり”と“まちおこし” ]

まちおこしが真似できない理由

まちおこしの企画を考えようとすると、他でやっている事例などを参考にすることが多くなります。参考にすること...

[ まちおこし ]

まちづくりワークショップを機能させるために必要なこと

まちづくりワークショップはかなり一般的になってきました。また参加する人々もワークショップに慣れてきたとこ...

[ ワークショップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ