谷口庄一

たにぐちしょういち

リージョナルブレインズ

[ 一宮市 ]

コラム

 公開日: 2012-12-07  最終更新日: 2014-07-04

いわき在住フォトジャーナリスト高橋智裕写真展




1月中旬に一宮市の東日本大震災復興支援活動ネットワーク「ずっと。。。」とアースデイ尾張木曽川実行委員会共催で「いわき在住フォトジャーナリスト高橋智裕写真展」を企画しています。
昨日、フリーペーパー「咲楽(さくら)」の記者さんから取材を受けました。愛知県から東北地域は支援活動を行いたくても物理的な距離を埋めることが難しく、気持ちはあってもなかなか現地まで足を運ぶことができないというジレンマがあります。

日本人の哀しい習性なのでしょうか、日々被災された地域の情報が細くなってきています。そのような想いがアースデイ尾張木曽川実行委員会の中でもやもやしていたところ、実行委員のひとりが福島でフォトジャーナリストと出会う機会がありました。そのフォトジャーナリストは高橋智裕さん。彼がわざわざ一宮まで足を運んでくださって実行委員のメンバーと意見交換をすることになりました。
そのなかで高橋さんが語ったのは、福島は原発のことでひとくくりにされてしまっていて、津波災害がなかったかのように思われていることが辛いということでした。

私たちは余計な情報を加えることなく、ありのままの福島を見て頂こうと考えています。
フクシマではなく福島。
どれだけ伝わるのか分かりませんが、何かが起きることを期待したいと思います。

■いわき在住フォトジャーナリスト高橋智裕写真展■
▼1月15日(火)~21日(月)
 9時~21時 尾張一宮駅ビル(i-ビル)3階「オープンギャラリー」
▼22日(火)~26日(土)
 9時~21時 尾張一宮駅ビル(i-ビル)3階「多目的ルーム」
▼26日(土)10時~12時
 高橋智裕講演会 尾張一宮駅ビル(i-ビル)2階「大会議室」

●アースデイ尾張木曽川実行委員会ホームページ
  http://earthday-ok.org/
●高橋智裕ホームページ
  http://ameblo.jp/takahashi-photo/




$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
◆株式会社リージョナルブレインズ/RegionalBrains,Inc.
   代表取締役 谷口庄一(技術士/脚本家)
★公式ホームページ★
http://regionalbrains.co.jp/
★公式フェイスブックページ★
http://www.facebook.com/regionalbrains
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

この記事を書いたプロ

リージョナルブレインズ [ホームページ]

谷口庄一

愛知県一宮市本町4丁目21番26号 [地図]
TEL:058-628-7270

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
これまでの実績

稲沢市政策課題研修小牧市政策形成研修新城市地域活動支援員研修奥三河ビジョンフォーラム:ファシリテーションクリニック中京テレビゲストセミナー講師

事業紹介

地域活性化の調査

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建物を前に立つ谷口さん

総合的な知見からまちづくりを提案する都市環境プランナー(1/3)

 都市環境プランナーとして自治体やNPO、企業などとタッグを組み、まちづくりに携わるとともに、“地域の知恵”を意識した環境イベントの開催などを手掛けるリージョナルブレインズ代表取締役の谷口庄一さん。「その土地に住む人たちが主体となった、暮ら...

谷口庄一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

“まちづくり”は“ひとづくり”

会社名 : リージョナルブレインズ
住所 : 愛知県一宮市本町4丁目21番26号 [地図]
TEL : 058-628-7270

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-628-7270

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷口庄一(たにぐちしょういち)

リージョナルブレインズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

周年記念の大きなイベントを開催することができました!

これまでは、地元の人たちが中心となって楽しむイベントを行...

K・Y
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
“まちづくり”と“まちおこし”

“まちづくり”と“まちおこし”の表記は似ていますが、内容は少し違います。まちづくりはそこの土地に住む方々がそ...

[ まちづくり ]

まちづくりワークショップはどこまで機能するのか?

全国各地でまちづくりワークショップが一般的になり、市民参画などを規定した住民自治基本条例などが制定されてい...

[ “まちづくり”と“まちおこし” ]

まちおこしが真似できない理由

まちおこしの企画を考えようとすると、他でやっている事例などを参考にすることが多くなります。参考にすること...

[ まちおこし ]

まちづくりワークショップを機能させるために必要なこと

まちづくりワークショップはかなり一般的になってきました。また参加する人々もワークショップに慣れてきたとこ...

[ ワークショップ ]

ワークショップの意義を実感できるパスタタワー
イメージ

建築学科の学生を対象とした「ワークショップ概論」の講義では、ワークショップの意義を実感してもらうための演...

[ ひとづくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ