コラム

 公開日: 2018-05-12 

意図的に売上を伸ばしているビジネスオーナーが考えていること

目を閉じて、想像してください。
あ、目を閉じたらコラム読めないので目を開けて想像してください。。。



あなたは美容院経営者だとします。
1人の客単価がカットとトリートメントで1万円という設定で考えてください。


あなたには2つの戦略があります。


1つは、広告費120,000円、もう1つの広告費は5,200円


広告費の内訳は次の通り。
【広告費120,000円のAプラン】
デザイン費 4万円
写真撮影費 4万円
ライティング 3万円
印刷費   0.5万円※
※A4両面カラー 7営業日納品 の計算で某有名web印刷で約2500枚

【広告費5,200円のBプラン】
官製はがき100枚
※手書きのため、ハガキ代以外はボールペン代くらい


備考ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
業種や業態によって異なりますが、
広告の反応率は0.1〜1%程度と言われています。
下手すると0.01とかの場合もあるようです。

反応率とは、そのチラシを配布して
実際にお客が行動してくれる%のことです。

1%なんてかなり良い数字とも言えます。


当然、広告の内容にも影響されるので、
あくまでも一般論として今回は捉えて話を進めていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


仮に0.1%の場合、
Aプランなら2.5人の来店があり、売り上げが20,000円か30,000円
Bプランなら0人の来店

1%なら、
Aプランは25人の来店になり、売り上げが250,000円
Bプランは1人の来店になり、売り上げが10,000円


あなたはどちらの戦略をとりますか?


もう1つの情報を把握しないと選んではいけない


もし、ここで『A』とか『B』とか判断してしまったなら、
あなたは痛手を負うことになります。

1%出ればAプランは儲かりますが、何%の反応率になるかなんてわかりません。
もし、0.5%以下なら?
被る被害が大きくなります。Bプランの方が損失は少ないでしょう。


反応率が何%あるのかという情報が必要不可欠です。


Aプランの場合、最低でも12人が反応を示さないと赤字になります。
つまり、0.5%以上が必須条件です。

Bプランの場合は1%以上が必須条件になります。

しかし、多くの人はこう言うでしょう。
ー「そんなのやらないと何%かわからない。」
ー「結果論だからやる前にはわからない。」



そのとおり!!
やらないとわからないのです!


この問題を従来の方法で解決させるには


従来の方法でこのリスクを回避する提案は
『なんども配布して検討してもらうタイミングを待つ』
というもの。

なんども配布すれば費用は印刷代が増えるだけ。
その他の費用はかかりませんし、印刷代なんてweb印刷を見ればわかるように
数百円上乗せで枚数はかなり増やすことができます。

しかし、そうすると反応率が先延ばしになるデメリットがあります。
つまり、Aプランの反応率1%の25人が数ヶ月で25人なら、、、
今月の売り上げはどうやって確保しますか?

ー「期間を設定すればいいじゃん!」

こんなやりとりがあって(想像ですけど、、、)
短期間に何度もチラシを配って費用対効果を上げることを目指す。

【まとめ】
何%の反応率でもいいから、何度も何度もアプローチをして
最終的に売上が成り立っていれば万事OK!
そのために、目一杯多めに印刷する。


もし、1回の反応率が分かれば戦略は立てやすいと思いませんか?


もし、Aプランが反応率0.3% Bプラン0.7%だとわかっていたらどうでしょう。
Aプランは反応率0.3%で13人以上が必須なら、何枚印刷するべきか答えが出ます。

4500枚なら0.3%の反応率で13.5人になります。
あとは4500枚の印刷代で13万円以下なら確実に儲けが出ます。

Bプランなら300枚書けば15,600円のコストで20,000円の売り上げ

じゃあ、このプランを短期間で複数回配布したなら・・・
そう考えると、戦略が立てやすくなります。

【まとめ】
反応率が分かっていれば印刷枚数が具体的に把握でき、
売り上げの見通しができる。


反応率は結果論。では、その結果論を先に手にいれるには?


答えは1つです。
『小規模でテストをおこなう』
です。
Aプラン、Bプラン、できたらCプランなど、
いくつか小規模でテストをして反応率を計測します。

その中でやめるプランが出てくることもあるでしょう。
修正するプランも出てくるでしょう。

そうやって反応率を確実にさせて、大材的に配布し、
プロモーションをかけて、売り上げを確保していきます。


しかし、従来の方法ではAブラン、Bプラン、Cプランと
プラン数が増えればそれだけ『制作費』が増えていきます。

資金の豊富な大企業の場合はこれらが『開発』や『市場調査』として
予算に組み込まれています。

しかし、その『制作費』を負担できるほど資金にゆとりのない
中小企業や個人事業にとってこの手法は、
従来では導入できないものでした。

【まとめ】
中小企業や個人事業が大企業のように利益を拡大させて
ビジネスを成長させることが困難な大きな理由の1つは
この反応率を確実にさせることができないからです。


制作費を定額化させることでこのテストを実行することができる


現在、日本でデザイン費の定額化をうたっている企業はいくつかあります。
しかし、多くは『激安』にかわる新しい表現として
『定額』と言っているように思います。

あなたのビジネスの費用対効果を真剣に考えた時、
デザイン費を定額化することこそが、
あなたのビジネスを成長させられる方法だと確信しました。

【まとめ】
ビジネスを『意図的に』成長させる方法は反応率を把握し、
効率よく戦略を立てて広告宣伝をおこなうこと。

大企業や強い企業は膨大な資金を投入しておこなっている戦略を
中小企業や個人事業でも導入できる方法が『定額化』

【補足】
『凄腕のデザイナー』と『苦労しているフリーのデザイナー』の
デザインでは、当然ですが反応率は異なります。(値段も異なります。)


もし、あなたが定額化を導入していれば、、、


プランAとプランBで迷うことはありません。
いろいろ試して、反応率の良いものを選択するだけです。


しかも、このプランの広告以外にも
・スタイリストの名刺
・紹介カード
・カットモデルを使用した新作のポスター
なども込みでデザインできます。

追伸、
定額商品には『写真撮影込み』のプランやホームページの定額もあります。

百聞は一見に如かず。無料面談実施中

無料で1回だけ、30分程度、無料面談実施中!
自分の場合はどうだろう?と思ったら今すぐに相談してください。
Traident.K.C.神谷友典のブログも更新中
コラムとは違った内容を掲載中

この記事を書いたプロ

Traident.K.C.株式会社 [ホームページ]

マーケティングプランナー 神谷友典

愛知県名古屋市千種区猫洞通4-30-7 1F [地図]
TEL:052-766-6282

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
非常識な新提案

名古屋に住んでるなら1回は聞いたことがあるかもしれない名古屋弁『でら』。標準語で言うなら『とんでもなく』とか『ものすごく』になるのかな?そう。...

 
このプロの紹介記事
売上3億円未満の中小企業に特化した広告戦略コンサルタント 神谷友典さん

広告戦略の立案をゼロから支援し、 中小企業の販促に“勝ちパターン”を見出す(1/3)

 「せっかくチラシを作成したのに効果が上がらない」。あなたの周りにもそんな悩みを抱えているビジネスオーナーはいないでしょうか。広告の反響が悪くても、肝心の広告制作会社は「景気が悪い」「タイミングが悪かった」ともっともらしい理由を並べ、原因の...

神谷友典プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

宣伝広告の作成とマーケティング戦略をワンストップで支援

会社名 : Traident.K.C.株式会社
住所 : 愛知県名古屋市千種区猫洞通4-30-7 1F [地図]
TEL : 052-766-6282

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-766-6282

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神谷友典(かみやとものり)

Traident.K.C.株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
デザイン定額に興味を持ったら、必ず最初に読んでほしいコト

マイベストプロ・弊社ホームページなどお問い合わせをいただくにあたり、質問や疑問などいただきます。その内...

[ シミュレーションして考える ]

うまくいかない人の共通点

 『うまくいかない。』そう思った経験はありますか? 思った通りうまくコトが運んでいたら時間に縛られる...

[ ビジネスを深く掘り下げて考える ]

デザイン費を『定額』にするべき理由

 【あと9社!】デザイン費定額を締め切ります。 あなたは宣伝広告におけるデザイン制作費が高額だと感じた経...

[ チラシを作る ]

【必見】チラシを何枚印刷するか悩んだアナタがその前に悩むべき事

例えば、チラシを何枚印刷するか。枚数に応じた見積もりをいくつか比較して、予算から折り合いのつく枚数...

[ チラシを作る ]

ちょっと待って!チラシを作る前にやるべきコト

『数十万円かけて、数万円の利益でも大満足!』もしくは、『資金が有り余るほどある』か『タダみたいな値段...

[ チラシを作る ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ