コラム

 公開日: 2013-04-11 

第一回 大工の人口減少と高齢化

友建を知って頂く意味もあり、しばらくの間、友建の取り組みや仕組み作りについてコラムを書きたいと思います。
お時間がありましたら、お付き合い頂けると嬉しく思います。
第1回として、友建を創業するきっかけとなった。大工の減少について書きたいと思います。

第一回 大工の人口減少と高齢化

私共友建は大工を会社組織化し運営してきました。近年、大工技術者は大幅な人口減少と高齢化に悩まされ、人不足が年々深刻化してきています。
 1980年代の大工の人口は100万人程いたと言われている大工ですが、今では6割減の40万人程に減っています。さらに若手の大工が減り高齢化を迎える中で、50歳以上の大工が木造建築社会を守っており、内訳で見ても50代から60代以上の大工が半数を占めている事になっています。
 このままでは、10年後には更に半数まで大工人口は落ち込み、日本の木造建築産業は物を作る人を失う事になってしまいます。人口が減少する日本の中でもこの現象は著しく、家を守る職人の育成は急務である事が分かります。

 しかしながら、友建も創業から7年が経ちましたが、弊社の廻りを見渡しても高齢化や業務縮小、閉店をする工務店経営者も多く、歯止めがかからない現状に焦りを覚えております。
この問題の背景には以下の様な事があります。

1 所得が大幅に減少したことにより、子方を養う資金力が無くなった。
2 大工の下請化に伴って、決算期に合わせた繁忙期と閑散期の2極化が起きた。
3 仕事がきつく、汚れ易い仕事もあり、丁稚奉公の考え方に若手が続かない。
4 高齢者が多い中、体の衰えと共に引退を早期に迎えている。

友建では、これらの問題を軽減する為に大工を会社組織とし、色々な仕組み作りに取り組んできました。

後日これらの仕組みについてコラムを書きたいと思います。次回は、

第二回「若手の社員積極採用と高齢者大工の社員採用」

この記事を書いたプロ

株式会社友建 [ホームページ]

大工 山田昌昭

愛知県北名古屋市弥勒寺東 4丁目1番地 [地図]
TEL:0568-65-9401

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社友建 代表取締役社長 山田昌昭さん

自社の大工職人と共に!安心して長く住み継げる住空間作り(1/3)

 今年10周年を迎える株式会社友建。注文住宅の新築一戸建て、木造の賃貸マンション・アパートの新築、リフォーム、古民家再生などを手がけます。最近では高い技術力や対応力が評価され、注文住宅の新築一戸建ての依頼が増えているそうです。 その友建...

山田昌昭プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

16歳からの職人経験、技術を生かし、かかりつけ大工として活躍

会社名 : 株式会社友建
住所 : 愛知県北名古屋市弥勒寺東 4丁目1番地 [地図]
TEL : 0568-65-9401

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0568-65-9401

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田昌昭(やまだまさあき)

株式会社友建

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中古住宅再生
リビング施工後

 中古住宅の再生と聞くと皆さんどの様なイメージをお持ちでしょうか? お客様に伺うと、「この家が綺麗になる...

[ リフォーム ]

第5回 大工の多能化

 第5回大工の多能化  大工の仕事は10年一人前と言われています。これは異業種でも言える事ではないでしょうか...

[ 大工の出来る事 ]

国産杉材と檜材の無垢扉
檜の無垢扉

自然素材の中で、私共友建がお勧めしている材料を紹介したいと思います。本日紹介するのは岡山県にある「株式会...

[ お気に入り材料の紹介 ]

最終回 「かかりつけ大工」

 減少が続く大工 友建では、減少している大工職人の育成に力を注いでいます。大工の人口は10年後には更に半数に...

[ 大工の出来る事 ]

大工の育成

今日のコラムでは友建の取組みの一環である、大工の育成についてお話ししたいと思います。  私達大工の仕事は...

[ 大工の出来る事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ